−−ソフトコアリング協会の沿革−−

ソフトコアリング協会

一般社団法人


 協会発足直前の平成12年4月に「建築物等の保全技術・技術審査証明事業」で認定された既設構造物の強度調査法「ソフトコアリング」は、平成17年4月に新たな審査証明事業「建設技術審査証明事業(建築技術)」で改められ、平成22年5月(財)日本建築センターより5年更新の認定がされました。以後も、継続して5年毎の更新が認定されています。
 これと平行して土木構造物分野に適用できる改良技術『小径コアによるコンクリート構造物の調査技術「ソフトコアリングC+」』が、平成20年12月に土木系材料・製品・技術の建設技術審査証明事業を推進する(財)土木研究センターの5年目更新の認定がされました。強度推定試験法に加え、塩化物イオン測定試験・中性化深さ測定試験についても小径コアで実施できる調査法が確立されました。「ソフトコアリングC+」もその後継続して5年毎の更新が認定されています。

 「ソフトコアリング」(建築構造物適用技術)と「ソフトコアリングC +」(土木構造物適用技術)の2つの技術は平成17年8月に「ソフトコアリングシステム」として国土交通省NETIS新技術情報提供システム(登録番号:KT-050025-V)にも登録されております。

 さらに、ソフトコアリング研究会が平成14年から独立行政法人土木研究所と共同研究として取り組んでまいりました「小径コアによる新設コンクリート構造物強度品質評価法」は国土交通省の橋梁構造物検査に採用されたことから、平成21年3月から本格的に運用されております。協会もこれに対応する新たな教育研修を実施しております。
 
 会員数は現在、正会員94社、特別会員9機関に達し、北海道から九州に至るまでの広範囲な組織となってまいりました。技術の発展とご理解が拡がるにつれ、新たな責任も加わります。技術のニーズに応えるためにも、さらに全国的に多くの新規会員が入会されることを期待しております。
協会会員一同、今後とも技術の研鑚・改良を図り、コンクリート構造物の調査診断技術の向上に寄与する所存ですのでよろしくお願い申し上げます。
質問(Q&A)
プロフィール
アクセスマップ
〒162-0832 東京都新宿区岩戸町18番地
        日交神楽坂ビル3階
        TEL:03-5227-8722
        FAX:03-5227-8723
   E−MAIL info@softcoring.jp
調査実績
活動情報
会員名簿
技術紹介
協会組織